2024年01月 | page 1 | よこ☆旅と写真のつれづれ日誌

よこ☆旅と写真のつれづれ日誌

~ 旅行や写真のこと その他つれづれなるままに 撮り貯めた写真の整理をしながら 書きとめます ~

ガンガラーの谷 沖縄県南部

ガンガラーの谷  数十万年前まで鍾乳洞だった場所が崩れ、豊かな自然が残る亜熱帯の森 サンゴ礁由来の石灰岩地帯に広がる森や洞窟を専門ガイドと共に散策する 鍾乳洞が待合場で雰囲気が良い月日が経つのは早いもの撮影 18年1月中旬 沖縄県南城市命の誕生を祈る洞窟、ランプを手にイキガ洞の奥へと進んでいく清々しい風が谷を通り抜けます崖上から根を伸ばす大木「ウフシュガジュマル」複雑にからみつく、森の妖精キジムナー...

続きを読む

岐阜市近郊で出会った野鳥

身近な場所で野鳥観察 シメ、ジョウビタキ、モズ、ツグミ   笠松木曽川右岸や岐阜境川緑道公園など・・ シメ太いくちばしや短い尾が特徴 くちばしが蝋(ろう)のような色をしていることから蝋嘴鳥(ろうしょうちょう)・・ 撮影 23年1月中旬から2月中旬 ジョウビタキ鮮やかな色がオス、全体的にスズメを薄くしたような色合いがメス・・モズ百舌(もず)は他の鳥の鳴き声がとっても上手とか・・ツグミそり返るように胸を...

続きを読む

ラクウショウとシロハラ 曽根沼湖岸緑道公園 

曽根沼湖岸緑地公園の散策  沼の泥の中から茶色い鍾乳石のようなものが突き出てる、ラクウショウの木の呼吸根です  漢字で「落羽松」、水湿地や沼地を好み、しばしば根元が水没するので地中からこん棒のような気根(呼吸根)を突き立てる・・月日が経つのは早いもの撮影 23年1月中旬 滋賀県彦根市シロハラに遭遇ヒヨドリ大のツグミの仲間、腹部が白いためシロハラ・・・曽根沼湖のカルガモミコアイサも発見旅の出会いに感謝で...

続きを読む

彦根城と琵琶湖の虹 滋賀県彦根市

国宝・彦根城  天秤櫓(てんびんやぐら)大手門と表門からの道が合流する要(かなめ)の位置に築かれた櫓入母屋の屋根に唐破風を設けた三層三階の堂々とした天守ですひこにゃんも登場です耳寄り情報、ひこにゃんと年賀状交換すると無料招待券が届きますよ月日が経つのは早いもの撮影 23年1月中旬玄宮園(げんきゅうえん)から彦根城を望むホテルテラスから琵琶湖湖畔に架かった虹に感謝です旅の出会いに感謝です良い一日を・・...

続きを読む

ミコアイサとカンムリカイツブリ 木曽川右岸

笠松木曽川右岸  マガモに混じって白いのを発見、一羽だけですがミコアイサです 白い体に目元が黒いことから「パンダガモ」の愛称で親しまれている・・・なるほどミコアイサを漢字で書くと「神子秋沙」、神子は巫女、秋沙は「秋が去る=晩秋に飛来する」という意味が・・月日が経つのは早いもの撮影 23年1月上旬カンムリカイツブリ冠羽をもつカイツブリ、喉から胸にかけては白い羽毛白い首を丸めています、橋の上から撮影でき...

続きを読む

車折神社・日之出不動 初詣

毎年、初詣は地元の八幡神社と各務原市の車折神社・日之出不動へ  車折神社(くるまざきじんじゃ) 車折神社は学問や受験の神さまとして有名、毎年破魔矢を戴きます 月日が経つのは早いもの撮影 23年1月上旬昔はこのように合格祈願の石が積まれてました(撮影13年1月上旬)すぐ近くにある日之出不動(ひのでふどう)へ日之出不動の不思議な岩「落ちない岩」最上段にある大嶽大神、そこから境内を一望です・・本年もどうぞよろ...

続きを読む